ワンダ国際行政書士事務所  

Wanda International Administrative Scrivener Office

行政書士業務概要

​国際業務

 

外国人が日本で暮らすためには、在留資格を取得する必要があります。

行政書士は中国語が話すことができ、日本語に不安があるお客様にも直接ご説明することが可能です。

英語が話せるスタッフもおりますので、英語圏の方もご安心ください。

●日本で働きたい(技能・人文知識・国際業務、技術、教育などの就労ビザ)

●外国人を雇用したい

●日本で会社を経営したい(経営・管理ビザ

●帰化したい

●日本人と結婚したい

●家族を日本に呼びたい

●不法滞在になってしまったが、在留特別許可を取り引き続き在留したい

●不法滞在で入国管理局に捕まってしまったが、仮放免したい

遺言・相続

 

終活をされる方が増えてきましたが、まだまだ遺言を残される方は多くないのではないでしょうか。

​遺言は、将来家族の間でトラブルになるのを防止する効果があります。

●自筆証書遺言

●公正証書遺言

●秘密証書遺言

●遺産分割協議書の作成

​ クーリング・オフ

 

クーリング・オフとは、契約後、頭を冷やして冷静に考え直す時間を消費者に与え、期限内であれば契約を解除することができる制度のことです。

期限が決められていますから、手続きに手間取っていると、契約を解除できなくなる可能性があります。

まずはご相談ください。

●訪問販売

●電話勧誘販売

●業務提供誘引販売取引

●継続的サービス提供契約

内容証明書郵便の作成

 

内容証明書郵便は、どのような内容の文章を送ったかを証明できるサービスです。

似たようなサービスとして書留がありますが、書留は受取人が間違いなく受領したことを証明してもらえますが、受領したものの中身までは証明できないことが大きく異なります。

●契約の解除

●債権の譲渡

●賃金の返還請求

会社に関する業務

 

会社の設立等に関し、お客様をサポートいたします。

​外国人のお客様で「投資・経営」在留資格を取得されたい方には、在留資格申請に適した形での会社設立をアドバイスさせていただきます。

●会社定款の作成

●株式会社の設立

●補助金の申請

●記帳代行

​※法務局への登記申請については、提携する司法書士が行います

契約書の作成

 

契約書の作成は、合法であることはもちろん、不利にならない内容にすることが求められます。

​契約後にトラブルにならない正しい契約書を作成します。

●売買契約書

●請負契約書

●賃貸借契約書

●離婚協議書

​●金銭消費貸借契約書

営業許認可

 

特定の事業を始めるためには、事前に行政から許認可を受けておく必要があります。

●風俗営業

●飲食業

●宅地建物取引業

●旅館業(民泊など)

●貸金業

​●酒販売

自動車に関する業務

 

自動車を保有したり、特定の車両を公道で走らせるためには、それぞれ必要な許認可等の申請手続きがあります。

●自動車登録(新規、移転)

●自動車保管場所証明(車庫証明)

​●特殊車両通行許可

​翻訳・通訳

 

日本人及び中国語、英語のネイティブスタッフが質の高い翻訳をいたします。

​市役所や入管への手続きや不動産賃貸契約時の日本語に不安がある方への通訳同行もいたします。

●契約書

●戸籍謄本

​●住民票

●出生証明書

●婚姻証明書

●死亡証明書